« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

フローラルドリーム

九州北部も梅雨入り~。これからしばらくは憂鬱なお天気が続きそうですね~。今年は雨が多く早く梅雨があがりそうとか?しかも夏は猛暑になる???想像しただけでもだらけそ~~(^^;;

Dscf0257

夕べ手芸普及協会の今年春のお楽しみデザインの「フローラルドリーム」が出来上がりました。井川恵美先生のデザインです。けっこう大きな素材だし、女の子もいるし~~と、どうなることやら??と描き始めましたが、べた塗りがほとんどないので、予想以上に早く仕上がりました。下準備からはじめて3日もかかってないと思います。

Dscf0257b

顔が一番心配ではあったのですが、なんせ井川先生の女の子は初めての描き描きだしね。でもなんとかさまになったでしょうか?(^^;;

色合いが春らしく、、ってもう初夏の状態の季節なのにね~。井川先生のようにほんわかした感じで、とりあえず自己満足状態です。普段描かない人の作品を描くのは、けっこう頭も使うし、色のお勉強にもなりますね。そうそうここ数年の流行りの大人の塗り絵もただ色を塗るだけでは脳の活性化には弱いようです。グラデーションをつけたり、模様をつけたりと、いろいろと考えて塗ることがいいとか。。どうせするなら脳を使う方法がいいよね。(^^)v

と、このデザインは日本手芸普及協会のお教室で描くことができますから、興味をもたれた方は近くの講師の方に問い合わせてくださいませ。

| | コメント (4)

ヨーヨーキルト

ここ最近手芸店で気になっていたもの。それはヨーヨーキルトを簡単に作るというもの。かなり以前にヨーヨーキルトを作ろうかと、円く型紙をとり挑戦したことはあるものの、意外と面倒だったりして、たくさん作る気にはなりませんでした。

Dscf0250

今回見つけたものは○以外にハートや花の形もあって、なんかかわいい~。大きさもいろいろとありましたが、一番小さいサイズのハートと花を購入してみました。

プラスティックの型に布をはさんで、縫い代おおよそ5ミリくらいとってはさみでカット。けっこういい加減でも大丈夫だったりして。その後、その型に空いている穴に順序良く針を刺していき、縫い終わったら型からはずして、糸を引いて留めてもう出来上がり~♪ホントにこんな説明している間に出来ちゃうくらいの手軽さ。○ならまだしもハートとか布がバイアス部分になっているところなんて普通は縫いにくいし、綺麗な形にするのって難しいのに、あまりにも手軽に簡単に短時間で出来ちゃうので、楽しくて手が止まらなくなったりして・・・・これってけっこうはまりますよ~。

Dscf0250b

興味ある人はお試しあれ~って感じです。ちなみに値段もワンコイン程度です。出来上がったものをつないでもそれ単品でもいろいろと作れそうです~♪小さい女の子をお持ちの方なら髪飾りなんかにしてもかわいいでしょうね。私は?というと。ちょっと頭の中にデザインの構想はあるのですが、けっこう大物?布を選ぶところから、ちょっと懲りたい一品があるのですが、さぁ~~~て、いつ実行となりますやら・・・・です。(^^;;

| | コメント (2)

心地よい季節~

Dscf0253 今の時期、網戸にして家の中に入ると、心地よい風が入ってきます。長崎はまだ梅雨には入ってないようで、連日晴れの日が続いてます。洗濯物もお昼過ぎには乾いてしまうし、今の時期が一番さわやか?

Dscf0251  

6月の定番?長崎市の市の花「紫陽花」が咲き始めています。我が家にも何種類かあります。そんな中から何枚か画像を撮ってみました。微妙な色合いがなんとも言えずにいい感じなのですよね~。シーボルトがかつて愛した「お滝さん」そこから学名がついたといわれてます。きっといろんな思いがこの紫陽花には含んでいるのでしょう。

Dscf0254  Dscf0255

そして今ほかに我が家に咲いているのは、ザクロの花です。とっても鮮やかな目が覚めるようなオレンジというか朱色。いつ買ったものか忘れてしまいましたが、植木祭りで確か500円もしなかったような、それがもうすご~い大きさになって、たくさんの花を咲かせています。秋にはたくさんの実をつけてくれるでしょうか?

Dscf0252

このザクロも長崎には欠かせない?長崎くんちの庭見せには必ず飾られています。食べて美味しいものでもないけど、なんか絵になっていいんですよね。

庭は相変わらず雑草に覆われてます。(^^;; ゴールデンウィークに草刈機で刈ってから1ヶ月が過ぎ、雑草の生命力とは凄いものだと・・・・これから梅雨に向かって、きっと伸び放題となることでしょう。って、もう機械に頼らないと手が出ない状態です。とほほ。。

| | コメント (0)

最近の読書

今日は、なんでこんなに暑いの~?ってくらいに夏でした。午前中は教室でクーラーの中でしたが、午後からは暑い中、高校の体育館で進路ガイダンスなどという子供とともに~のお集まり。1学年の生徒数280名プラスの保護者。もうそれだけでも暑いのに気温も暑く、それに加えて昼食後のお昼寝タイム?(^^;; 目を開けておくのがやっとでした。そうじゃなくても夕べはいつものごとく5時間も寝てないわけだしね。

最近そんな中でも?というか、そんな中だからなのか??本を手にすることも多くなっています。最近の傾向でやはり新書です。(^^;; しかも数冊の同時進行などという技をこなしています。って、こんなところにまで「あれもこれもの性格」が出ている??

最近までベストセラーに入ってたというか、今もまだ入っているのかな?「女性の品格」、そして「下流社会」の著者三浦展さんの第二弾?「格差が遺伝する」そして会計学入門書の「さおだけやはなぜ潰れないのか」の第二弾「食い逃げされてもバイトは雇うな」、香山リカさんの「なぜ日本人は劣化したか」と続いています。

でもあんまり寝不足が続いているので、本を開いてそのまんま意識不明になっているなんていうこともしばしばです。(^^;; それでもやっぱり読書はやめられない。子供たちもやはり読むのは好きのようで、最近「そのときは彼によろしく」を購入しました。夕べは娘も息子も読みたいと、読む順番の取り合いでした。(^^;; もちろんその中に私も混じりま~す♪

| | コメント (0)

風車のノエル完成~♪

先月連休明けに参加した森初子先生のセミナー作品が、ようやく仕上がりました。風車は長崎にはかつてオランダ村、そして今はハウステンボスがあるので、なんとなく身近な感じなものでしたが、それをメインに描いた作品が出来上がって、なんか妙にうれしいです。

森先生の作品は雑誌で見てても難しそうで、描きたいな~と思いながらもなかなか描かずにいましたが、描き方を教わって、こうやって作品が出来上がって、かなり自己満足に浸ってます(^^)渋めの色調で落ち着いた感じでいいですよ~♪これで最近のペンクラに載っている風車も描けるかな~?

Dscf0249

この作品、見てわかるようにこれから夏というこの時期に雪景色のクリスマスバージョンです。実はこの作品は手芸普及協会の今年の冬のお楽しみ作品になります。セミナーに参加した講師のみ先行して素材が予約購入できるものです。なんせ手の込んだ作品ですので、描くのにも時間がかかります。9月あたりから描き始めるとちょうどいいんじゃないかな~なんてね。なので、描きたいと思う方は、お近くの手芸協会講師の先生に問い合わせてみてくださいね~。大人の雰囲気でいい感じですよん♪

ペイントをしなきゃのものもまだまだあるのですが、昨日からあるものにはまってます。その報告はまた後日改めて~(^^)

| | コメント (2)

MONETマーカー

先日行った国立新美術館でのモネ大回顧展、有名企業とのコラボしたたくさんの限定商品が売ってました。いいな~と思ったのもいくつかありましたが、手ごろでおもしろそうだったマーカーを購入。

Dscf0248

色鉛筆なんかではよくある1本でいろんな色が描けるというものなのですが、そのマーカー版。マーカーといってもタッチも軽くてパステルのような感じ。ラメが入っていてキラキラとても綺麗です。色もモネになった気分?の淡い色調がおもいっきり描けたりして、何を描くというわけでもなく落書きをしながら楽しんでます。娘も気に入ったようで、綺麗なグラデーションがいかに描けるか~~なんてやっています。

| | コメント (0)

ようやく落ち着く?

目が回るほどの今週もようやく終盤?落ち着きが来るのでしょうか?たぶん無理(^^;;なのですが、今週は某協会の会議で東京まで行ってきました。とりあえずメインイベント?が終わり・・・・です。

今回の会議は有楽町の超高級ホテル、いつもよりはおしゃれをして(^^;; ペイント部門の評議員のみんなに会うのが楽しみで毎回足を運んでいる状態。理事のバル先生とともに今回は栗山先生も出席できて、盛り上がる盛り上がる、、時間がもっと欲しかった~~~といつものごとくの感想です。

Dscf0243

バル先生を囲んでペイント評議員の仲間とも写真をとったりして、ほとんど高校生の修学旅行気分でした。そしていつもながらのパワー全開のみなさんの行動力には、がんばらなくては。。。とまた心新たに、任期がまた2年延びたことだし、何かしなきゃね。。と思いながら帰ってきました。

Dscf0247

当日は実家に泊まり、翌日は六本木にできた国立新美術館でモネ展を見、最近できた東京ミッドタウンで友達とランチをしてきました。今回の東京もバタバタとあわただしい状態でしたが、密度の濃~~~~~い時間でした。子供が手が離れたら、もっとゆっくりとしたいと思いつつも、羽田で以前から娘が探していた水森亜土のTシャツをお土産に買い、帰路に着いたのでした~。

| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »